(3)災害発生のリスク 専門家の呼び掛け、より早く

熊本日日新聞 | 2021年2月25日 00:00

image

 「あと10年、ただ待っているわけにはいかない」。1月26日、県や国が県庁で開いた球磨川流域治水協議会。オンラインで発言した熊本地方気象台の坂東恭子台長(59)は、焦燥感をあらわにした。気象庁が線状降水帯の発生を予測できるようになるめどは2...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 971字(全文 1091字)

ランキング

イベント情報