(1)線状降水帯発生、記録的雨量に 予測の限界、浮き彫り

熊本日日新聞 | 2020年2月23日 00:00

image

 「線状降水帯の発生を予測できなかった。われわれの実力不足だ」。昨年7月15日、熊本豪雨について記者会見した気象庁の関田康雄長官(当時)は悔しさをにじませた。  〈4日夕方までの24時間降水量は天草・芦北地方と球磨地方の多いところで200...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1146字(全文 1266字)

ランキング

イベント情報