RSウイルス、流行傾向続く 熊本県感染症情報

熊本日日新聞 | 2021年3月19日 14:00

image

 8~14日の熊本県感染症情報によると、乳幼児に多いRSウイルス感染症の患者262人が県内医療機関(50定点)から報告された。例年になく多い傾向にあり、県健康危機管理課は「流行が続く可能性が高い」と分析。特に生後半年以内の乳児は重症化の恐れ...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 352字(全文 472字)

ランキング

イベント情報