樋口菓子舗(熊本県小国町) 瓦せんべい「懐かしい味」 新商品開発にも意欲【地元発・推しカンパニー】

熊本日日新聞 2024年4月2日 22:30
さくさくした食感とショウガの風味が人気の「瓦せんべい」を製造、販売する樋口紀貴さん=小国町
さくさくした食感とショウガの風味が人気の「瓦せんべい」を製造、販売する樋口紀貴さん=小国町

 熊本県小国町宮原の町役場から小国両神社に向かう通りに、桃色の店頭幕が目を引く。樋口菓子舗は、小国銘菓として長く地元に愛されている瓦せんべいの専門店だ。コロナ禍後は、純和風のたたずまいに誘われるかのように、立ち寄る若い人や外国人観光客が増えている。

 店主は4代目の樋口紀貴さん(50)。熊本市内で働いていた22歳の頃、5年前に他界した父に「人手が足りない」と頼まれ、後を継いだ。曽祖母が、大分県日田市のせんべい屋で身に付けた技術を生かし、家の一角で作ったのが始まりだ。

 樋口さんが焼き型の機械を使い、空気を含ませて柔らかく焼き、妻の恵利子さん(49)が、はけで一枚一枚丁寧にショウガの搾り汁を入れた砂糖液を塗る。さくさくした食感とほのかなショウガの香り、上品な甘さを代々受け継いできた。アイスクリームを載せたり、お茶に浸したりして食べる人もいる。

1袋2枚入りで、ばら売りもする樋口菓子舗の瓦せんべい
1袋2枚入りで、ばら売りもする樋口菓子舗の瓦せんべい

 父の代は従業員2人を雇い、毎日約1800枚作っていた。今は夫婦で1日約1200枚を製造。「お客さんの声を直に聞けるのが励み」と、店頭販売が原則だ。電話での取り寄せ以外は、卸売りや委託販売、通販はしてこなかった。

 地元住民が「懐かしい味」と言うソウルフードは、法事の供え物や贈答品として根強い人気に支えられている。「お土産でもらい、おいしかった」という県外ファンも多く、大阪や京都からも注文がくる。

 昨年9月、郷土の偉人を顕彰する「北里柴三郎記念館」にシアターホールが完成したのを機に、記念館から相談を受け「千円札せんべい」を開発。新千円札をかたどったせんべいに、柴三郎博士の肖像を入れた。初の店外販売で、売れ行きは好調だ。

 「瓦せんべいの製法をベースに、ほかにも何かできないか考えている」と樋口さん。伝統の味を守りながら、新商品開発に意欲を見せる。(花木弘)

落ち着いたたたずまいの「樋口菓子舗」=小国町
落ち着いたたたずまいの「樋口菓子舗」=小国町

メモ 明治時代に創業し、一時閉店期間を挟んで100年以上続く老舗。1袋2枚入り110円。ばら売りや袋入り、箱入りがある。営業は午前9時~午後5時。不定休。

KUMANICHIPICK

くまにちレコメンド
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
熊本の経済ニュース