今冬の暖かさ「異常気象」 気象庁検討会、エルニーニョ影響

共同通信 2024年3月4日 19:47
 2月、雪が少ない山形県最上町の赤倉温泉スキー場(同スキー場のフェイスブックから)
 2月、雪が少ない山形県最上町の赤倉温泉スキー場(同スキー場のフェイスブックから)

 専門家でつくる気象庁の異常気象分析検討会は4日、過去2番目に暖かかった今冬(昨年12月~今年2月)について、地球温暖化に加え、南米ペルー沖の海面水温が上がるエルニーニョ現象の影響で偏西風が北寄りを流れたことが要因とする分析結果をまとめた。会長の中村尚東大教授(気候力学)は「かなり異常な状態だったと言って差し支えない」と述べた。

 気象庁によると、平均気温は、平年値を1・27度上回り、1898年の統計開始から2番目に高かった。地点別でも、全国153地点のうち31地点が過去最高を記録した。

 検討会の分析では、偏西風が日本付近で北に蛇行する傾向にあり、暖かい空気に覆われやすかった。

KUMANICHIPICK

くまにちレコメンド
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
全国のニュース 「社会」記事一覧