「志村さんに感染させた」で賠償 クラブママ、投稿者に勝訴

共同通信 2024年2月22日 20:27

 2020年に亡くなったタレント志村けんさんに新型コロナウイルスを感染させたとする事実無根の投稿をインターネット上に流され、名誉を傷つけられたとして、大阪・北新地の高級クラブで働く女性が投稿者2人に各126万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が22日、大阪地裁であった。中尾彰裁判官は「社会的評価を低下させた」として、2人にそれぞれ12万円ずつの賠償を命じた。

 判決などによると、女性は「クラブ藤崎」でママを務める藤崎まり子さん。複数のネット掲示板で、新型コロナによる肺炎で20年3月に死亡した志村さんが感染したのは、パーティーに同席した藤崎さんが原因などとする内容が書き込まれていた。藤崎さん側は「当時感染していた事実もなく、志村さんと面識もない」と主張していた。

 中尾裁判官は判決理由で、投稿は「国民的人気のある芸能人が死亡する原因をつくったかのような印象を与える」と指摘。不特定多数の人が閲覧できる状態だったとして「影響力を無視することはできない」と判断した。

KUMANICHIPICK

くまにちレコメンド
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
全国のニュース 「社会」記事一覧