プレミアム会員限定

一生使える新NISA 使い勝手もより良い制度に 空きができたら再利用 口座はどこで開く?【まね得 新NISAと投資・後編】

熊本日日新聞 2024年1月26日 06:01

 投資の基本であるリスクとリターンについて学んだところで、いよいよ新NISAの具体像に迫ります。今回も一部は財務省九州財務局に監修をお願いしました。(太路秀紀)

 

新NISAと投資⑥ 内ポケ付きの財布、つみたて枠と成長枠

一生使える新NISA 使い勝手もより良い制度に 空きができたら再利用 口座はどこで開く?【まね得 新NISAと投資・後編】

 新NISAのイメージは「1800万円分の金融商品が非課税で入る財布」だと話しましたが、財布には内ポケットが付いていると考えると、新NISAの二つの枠、つみたて投資枠と成長投資枠が理解しやすいです。

 財布全体を利用できるのがつみたて投資枠です。少額からの「長期・積立・分散」投資向きで、投資できる商品も金融庁の基準を満たしたものだけ。つまり初心者でも利用しやすい枠です。1年間に120万円分まで財布に入れられます。

 一方、成長投資枠は比較的ハイリスク・ハイリターンな商品も含めて1年間に240万円分まで入れられます。成長投資枠は最大1200万円分まで入る内ポケットになっていますが、財布全体の容量が1800万円なので、成長投資枠を利用した分、つみたて投資枠の商品が入らなくなります。

 内ポケットは使わない、あるいは内ポケットだけ使う、という選択も可能です。(九州財務局監修)

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

残り 2074字(全文 2576字)

KUMANICHIPICK

くまにちレコメンド
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
熊本のニュース