プレミアム会員限定

新NISAに高い関心 分散、積立、長期… 投資のリスクを抑えるには?【まね得 新NISAと投資・前編】

熊本日日新聞 2024年1月19日 06:01

 今回は新NISAと投資の基本について学びましょう。一部は財務省九州財務局に監修をお願いしました。(太路秀紀)

 

新NISAと投資① 非課税になる特別な〝財布〟

新NISAに高い関心 分散、積立、長期… 投資のリスクを抑えるには?【まね得 新NISAと投資・前編】

 お金に関してどんなテーマに興味があるかを熊日ID会員に尋ねたところ、約400人の回答者の半数近くが新NISA(ニーサ)を挙げました。今回から新NISAと投資の基本を学びます。

 NISAは「少額投資非課税制度」の愛称です。従来あった一般NISAとつみたてNISAを抜本的に拡充して、ずーっと続く制度にしたのが今年始まった新NISAです。

 新NISAのイメージは、投資の利益に本来かかる約20%の税金が無税となる特別な〝財布〟を1人が一つ、生涯持ち続けられる制度です。財布には最大1800万円分の金融商品が入ります。利用する年の1月1日時点で18歳以上の、国内居住者らが財布を持つことができます。

 NISAのNはニッポンのN。ISAは「Individual Savings Account=個人貯蓄口座」。1999年に英国で導入されたISAをモデルにした日本版ISAがNISAです。

 英国ではかつて、国民の低い貯蓄率が課題になっていました。そこで預金や株式、投資信託などを対象に非課税口座制度を設け、後に恒久化しました。英国家庭の金融資産は運用益もあり、2倍超に増えています。(九州財務局監修)

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

残り 2457字(全文 3040字)

KUMANICHIPICK

くまにちレコメンド
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
熊本のニュース