(5)下流の八代市民 堤防や河床、対策優先を 

熊本日日新聞 | 2020年11月16日 00:00

image

 7月4日朝。熊本県八代市の球磨川右岸にある萩原堤防では、豪雨による濁流が堤防上端の約1・5メートル下まで迫っていた。地元の太田郷校区長の小笠原亨さん(73)は、堤防近くの町内会長からスマートフォンに送られてきた動画を見て恐怖を感じた。「こ...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 950字(全文 1070字)

KUMANICHI レコメンド

ランキング

お出かけ情報