(6)ダム除外10案、議論行き詰まり 流速下げ、被害最小限に

熊本日日新聞 | 2020年10月9日 00:00

image

 国、熊本県、流域12市町村でつくる「球磨川治水対策協議会」は2015年3月から川辺川ダム建設を除く案を模索してきたが、複数の治水策を組み合わせた計10案を検討する段階で市町村間の利害がぶつかり、議論は事実上、行き詰まった。  10案は、...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1100字(全文 1220字)

KUMANICHI レコメンド

ランキング

お出かけ情報