県立大に実験水路、球磨川改修に活用 有効性検証、7月にも開始

熊本日日新聞 | 2023年5月11日 11:00

image

 県立大(熊本市東区)は、洪水抑制のための河川改修の有効性を検証する実験水路を学内に整備した。7月にも実験を始め、検証結果を2020年7月豪雨で氾濫した球磨川支流の河川改修に生かしてもらう。  県立大や肥後銀行、県などが21年10月に始め...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 446字(全文 566字)

熊本豪雨

ランキング

お出かけ情報