【あの時何が お菓子の香梅編②】水噴出、ガス漏れ…「生産できん」

熊本日日新聞 | 2017年2月1日 00:00

image

 熊本地震の本震で震度7の揺れに襲われた西原村小森。「お菓子の香梅」阿蘇西原工場が、この地で操業を始めて2月で33年になる。地元に定着し、従業員約180人のうち4分の1は、村内や隣の益城町に居住。小学生の工場見学は地震前、年100件ほどあっ...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 976字(全文 1096字)

KUMANICHI レコメンド

熊本地震

ランキング

お出かけ情報