【あの時何が 鶴屋百貨店編③】破損した館内… 動いていた施設の“心臓部”

熊本日日新聞 | 2017年2月27日 00:00

image

 「中央監視盤室は生きているだろうか…」  熊本地震の本震から間もない4月16日朝、鶴屋百貨店(熊本市中央区)の施設全体を統括する建装部長の中島弘喜(57)は、やきもきしていた。  中央監視盤室は、電気や空調、エレベーターなど、館内の設...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 917字(全文 1037字)

KUMANICHI レコメンド

熊本地震

ランキング

お出かけ情報