【あの時何が カフェ型健康サロン編④】地域のつながり 支援広がる

熊本日日新聞 | 2017年6月29日 00:00

image

 「あごの下を親指でしっかり押して、唾液を出しましょう」  熊本市8020健康づくりの会会長の土屋裕子(73)の声が響く。自宅近くの市総合体育館は熊本地震の拠点避難所。昨年5月に始まった「カフェ型健康サロン」では筋力トレーニングや茶話会だ...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1013字(全文 1133字)

KUMANICHI レコメンド

熊本地震

ランキング

お出かけ情報