【あの時何が サントリー九州熊本工場編③】「内部ズタズタ」 復旧への道筋見えず

熊本日日新聞 | 2017年12月3日 00:00

image

 「まるで車がバウンドするような衝撃だった」。昨年4月16日午前1時25分、サントリー九州熊本工場(嘉島町)の駐車場。エンジニアリング部原動課長の増田博史(45)は休業中の工場内の見回りに備え、車で仮眠中だった。  前震で被災した工場を再...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1012字(全文 1132字)

KUMANICHI レコメンド

熊本地震

ランキング

お出かけ情報