【あの時何が グランメッセ熊本編⑦】町は深刻な人手不足…民間団体に運営託す

熊本日日新聞 | 2016年11月18日 00:00

image

 青空を泳ぐ数百匹のこいのぼり-。グランメッセ熊本(益城町福富)の4月の風物詩だ。子どもの健やかな成長を願い、住民との触れ合いを深めようと指定管理者の熊本産業文化振興(熊本市)が7年前に始めた。数日おきにワイヤを緩め、こいのぼりのよじれを直...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 962字(全文 1082字)

KUMANICHI レコメンド

熊本地震

ランキング

お出かけ情報