【あの時何が コンビニ・ローソン編③】電話やシステム使えず「長い闘い」覚悟

熊本日日新聞 | 2017年1月12日 00:00

image

 4月16日朝、熊本市東区の託麻西小校区2町内会長、大島完治(66)の妻良子(64)は地元公民館にあった備蓄米を、臨時避難所となったローソン御領5丁目店に持ち込んだ。水を注げば食べられる非常食だが、一帯は断水。店内の水も全て売り切れていた。...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 907字(全文 1027字)

KUMANICHI レコメンド

熊本地震

ランキング

お出かけ情報