熊本市の専門学校でクラスター 新型コロナ、新規感染は2人

熊本日日新聞 | 2021年03月04日 20:24

 熊本市は4日、東区の専門学校湖東カレッジで、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。県内41例目、同市内25例目のクラスター。同日までに、学生5人の感染を確認した。

 市によると、5人は10~20代の男女。1日に20代の男子学生が陽性と判明し、接触者らを検査した結果、4人の感染が確認された。14人は陰性が確認されており、市は残る45人を検査している。

 同校は、2月26日で後期の日程を終えていた。併設する認定こども園の園児らに接触者はいないという。

 熊本市が4日発表した新規感染者は、同校の20代の女子学生と南区の30代女性。県の発表はゼロだった。県内での感染確認は3449人(うち同市1834人)となった。

 3日時点の療養者は前日から2人減って32人。このうち入院患者は3人減の28人(重症3、中等症10、軽症13、無症状2)。ホテルでの宿泊療養者は1人増えて4人。自宅や施設での療養者、入院、宿泊療養の調整中はゼロが続いた。

 4日時点の病床稼働率は0・8ポイント減の5・1%だった。(河内正一郎、高宗亮輔)

熊日電子版「データで見える熊本県内感染状況」
※集計時間等が異なるため、最新の記事とは人数が違う場合があります。

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note