肉厚のシイタケを収穫する今永公昭さん=小国町

 熊本県内のシイタケ生産量の3割を占める小国地域で、乾物用の春採りシイタケの収穫期を迎え、栽培農家が汗を流している。
 小国町西里の今永公昭さん(55)の栽培場(約1・5ヘクタール)には、シイタケの菌を...​

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note