石綿対策、工事現場の対応不十分 熊本労働局「対策を徹底させる」

熊本日日新聞 | 2021年2月2日 09:41

image

 熊本県内の労働基準監督署が昨年12月に実施した工事現場の一斉指導で、建物に含まれるアスベスト(石綿)への対応が不十分な解体工事現場が目立った。今後、昨年7月の豪雨で被災した家屋の解体なども増えると想定され、熊本労働局は「解体前に注意を喚起...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 388字(全文 508字)

ランキング

イベント情報