父が詠んだ 恵楓園の人生 入所者の俳句ノート発見 外の家族との交流つづる

熊本日日新聞 | 2023年1月6日 09:30

image

 国立ハンセン病療養所・菊池恵楓園(合志市)の歴史資料館に、県内在住の男性(78)がこのほど、園に入所していた父親の俳句ノート2冊を寄贈した。男性は両親、妹と暮らしていたが、4歳の時に自分以外の3人がハンセン病との診断を受け、園に収容された...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 968字(全文 1088字)

KUMANICHI レコメンド

ハンセン病

ランキング

お出かけ情報