恵楓園、仮想現実映像化へ 入所者自治会が新たな発信手段に 歴史資料館の展示物や納骨堂、隔離門跡…

熊本日日新聞 | 2022年10月26日 09:22

image

 国立ハンセン病療養所・菊池恵楓園(合志市)の入所者自治会は、園や園内の歴史資料館をVR(仮想現実)映像化する事業を進めている。新型コロナウイルスの影響で園内への立ち入りや入所者との交流が制限される中、ハンセン病問題の新たな発信の手段にする...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 455字(全文 575字)

ハンセン病

ランキング

イベント情報