現職批判の元共産市議、無所属強調 無党派層浸透に期待<対決の構図 2022熊本市長選>㊦

熊本日日新聞 | 2022年10月23日 08:30

image

 「誰一人取り残さない温かい熊本市政を目指す」。市長選の告示が半月後に迫る中、かつて市議会の共産党市議団長を務めた益田牧子(72)が力を込めた。  共産系の市民団体「熊本市をよくする市民の会」が14日、市役所で急きょ開いた益田の出馬会見。...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1251字(全文 1371字)

ランキング

イベント情報