ハンセン病問題啓発「教育が重要」 県推進委が再確認 

熊本日日新聞 | 2022年10月12日 10:14

 県ハンセン病問題啓発推進委員会は11日、県庁で会合を開き、啓発の推進には教育が重要であることをあらためて確認した。委員会は県が2015年に設置。国立ハンセン病療養所・菊池恵楓園(合志市)の入退所者や学識経験者、関係行政機関などの10人が協...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 286字(全文 406字)

ハンセン病

ランキング

イベント情報