洪水調節で希少種死滅の可能性も  流水型ダムの影響、国交省が予測

熊本日日新聞 | 2022年10月7日 11:15

image

 国土交通省は6日、球磨川水系河川整備計画に基づいて支流の川辺川に建設する流水型ダムで大雨時に洪水調節をした場合、希少生物が生息する洞窟での個体の死滅やシルト(沈泥)の堆積、ヤマセミやカワセミの生息環境の変化といった環境への影響が起こりうる...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 515字(全文 635字)

ランキング

イベント情報