災害時の要支援者の避難計画、12市町村で完成 県の作成率全国一 地震や豪雨経て防災意識高まる

熊本日日新聞 | 2022年9月23日 11:18

 県は22日、災害時に支援が必要な高齢者や障害者らの個別避難計画について、県内45市町村のうち12市町村が作成を終えたと明らかにした。作成率は全都道府県で最も高く、熊本地震や豪雨災害の教訓で市町村や住民の防災意識が高まった影響とみている。 ...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 454字(全文 574字)

ランキング

イベント情報