プレミアム会員限定

河川整備計画策定、球磨川30年後の姿は…  <上流部>遊水地、地域農業と調整 <人吉区間>河道拡幅、宅地の喪失も <中流部>かさ上げ、輪中堤で防御

熊本日日新聞 2022年9月2日 07:02
球磨川(右)の氾濫で集落が被災し、更地が広がる球磨村渡の茶屋地区。付近では治水対策で最大50メートルの引き堤が検討されている=7月2日(後藤仁孝、小型無人機で撮影)

 2020年7月の豪雨で氾濫し、流域に甚大な被害が出た球磨川水系の河川整備計画が、被災から2年を経て策定された。国土交通省と県が、おおむね30年間にわたって進める治水策と川づくりの青写真だ。県南地域に恩恵と災禍をもたらしてきた県内最大の河川...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

残り 2512字(全文 2632字)

KUMANICHIPICK

くまにちレコメンド
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
熊本豪雨