河川整備計画策定、球磨川30年後の姿は…  <上流部>遊水地、地域農業と調整 <人吉区間>河道拡幅、宅地の喪失も <中流部>かさ上げ、輪中堤で防御

熊本日日新聞 | 2022年9月2日 07:02

image

 2020年7月の豪雨で氾濫し、流域に甚大な被害が出た球磨川水系の河川整備計画が、被災から2年を経て策定された。国土交通省と県が、おおむね30年間にわたって進める治水策と川づくりの青写真だ。県南地域に恩恵と災禍をもたらしてきた県内最大の河川...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 2512字(全文 2632字)

熊本豪雨

ランキング

イベント情報