玉音放送「どうせデマじゃっが」 球磨弁で語り継ぐ戦争 人吉市の郷土史家 8年ぶりに絵本シリーズ

熊本日日新聞 | 2022年8月15日 11:59

image

 人吉市田野町の郷土史家、前田一洋さん(85)が、戦中戦後の出来事や庶民の生活を振り返った「じいちゃん・ばあちゃんのふるさと絵本⑥ ぎばった ぎばったー」を出版した。祖父母が子や孫に聞かせるように、球磨弁の語り言葉で柔らかく紹介している。 ...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 498字(全文 618字)

ランキング

イベント情報