肥薩線再建なお視界不良 「JR負担9割圧縮」試算 運行赤字に懸念/地元の足並み鍵

熊本日日新聞 | 2022年6月3日 08:06

image

 鉄道の存続にかかる巨額の経費を誰が、どのように負担するか-。2020年7月豪雨で被災したJR肥薩線の再建について、JR九州と国土交通省は5月、概算で235億円に上る復旧費の最大9割を公共事業や公的支援によって圧縮できるとの試算を示した。国...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1427字(全文 1547字)

熊本豪雨

ランキング

イベント情報