肥薩線復旧費 負担圧縮 JR九州「議論見守る」

熊本日日新聞 | 2022年5月28日 11:57

image

 2020年7月豪雨で被災した肥薩線の復旧費を巡り、国土交通省がJR九州の負担額を最大約25億円まで圧縮可能とする支援の枠組みを示したことについて、同社の古宮洋二社長は27日の会見で「大きな数字を出していただき感謝している。ただ、残り(の負...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 351字(全文 471字)

熊本豪雨

ランキング

イベント情報