肥薩線の復旧費235億円、国が半分以上「肩代わり」 鉄道での再建促し調整 JR負担、実質50億円未満に

熊本日日新聞 | 2022年5月19日 06:16

image

 2020年7月豪雨で甚大な被害を受けた熊本県のJR肥薩線の復旧費約235億円のうち、半分以上の百数十億円を公共工事で「肩代わり」できるとの試算を国土交通省が示す方向で調整していることが18日、関係者への取材で分かった。さらに被災鉄道の復旧...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 646字(全文 766字)

ランキング

イベント情報