【つながり支える 現場から⑤】課題を共有、被災者守る ボランティア団体が連携

熊本日日新聞 | 2022年2月4日 10:14

image

 熊本県内のボランティア団体が連携を強めるきっかけとなったのは2016年の熊本地震だった。支援から取り残される被災者をなくすため、県内外の多様な団体と行政、県社会福祉協議会が情報共有する「火の国会議」が発足し、今も継続。孤独や孤立を防ぐ体制...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 986字(全文 1106字)

ランキング

イベント情報