【つながり支える 現場から④】校区社協、孤立防ぐ助けに 無料相談で見守り、関係築く

熊本日日新聞 | 2022年2月2日 11:12

image

 「地域の関係者が連携・協力」「地域において当事者を包括的に支える」。政府の孤独・孤立対策重点計画に多く使われる「地域」で、実際に支援を担うのは民生委員や自治会長だ。熊本市中央区の大江校区で校区社会福祉協議会の会長や民生委員を務める鳥崎一郎...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 950字(全文 1070字)

ランキング

イベント情報