男子・鹿本初V、女子・山鹿3連覇 熊本県中学駅伝

熊本日日新聞 | 2021年11月12日 18:55

男子で初優勝した鹿本のアンカー松尾(左)、女子で3連覇を果たした山鹿のアンカー杉山=えがお健康スタジアム(後藤仁孝)

 熊本県中学校駅伝大会(男子66回、女子34回)は12日、えがお健康スタジアムを発着する県民総合運動公園内の周回コースで各郡市代表の男女それぞれ29校が競い、男子(6区間20キロ)は鹿本が1時間2分43秒で初制覇した。女子(5区間12キロ)は山鹿が40分31秒で制し、3年連続6度目の優勝を飾った。

 男子の鹿本は1区で4位発進した後、2区の一ノ瀬來祈が区間賞の走りで2位に28秒差をつけてトップでたすきリレー。3~5区も首位をキープし、アンカーの松尾和真は区間1位の好走で後続を引き離した。2位は後半に追い上げた本渡、3位に菊水が入った。

 女子の山鹿は1区の石川美沙希、2区の緒方萌衣がともに区間1位をマーク。4区で出水にかわされ2位に後退したが、最終5区の杉山夏菜が区間トップの力走で逆転した。2位の出水は3、4区で区間賞を獲得したが、初優勝に届かなかった。3位は八代二だった。

 男女の優勝校は12月19日に滋賀県で行われる全国大会に臨む。九州大会は12月4日に佐賀県であり、男女の上位2校が出場する。

 大会は例年、天草市のコースで開かれていたが、大雨被害による復旧工事のため県民総合運動公園内に変更した。

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube