熊本ヴォルターズ、1点差に泣く 奈良に73ー74

熊本日日新聞 | 2021年10月24日 20:28

【熊本-奈良】第1クオーター、シュートを狙う熊本のサンバ(3)=ロートアリーナ奈良

 バスケットボールBリーグ2部(B2)第4節は24日、各地で6試合を行い、西地区2位の熊本ヴォルターズはロートアリーナ奈良で同地区6位の奈良に73─74で競り負けた。通算成績は5勝3敗。西宮と勝率で並んだが、規定により順位の変動はなかった。

 熊本は第1クオーター、佐々木隆成やLJ・ピークが得点を重ねたものの、自陣ゴール下へ再三攻め込まれて21─21。第2クオーターはファイ・サンバのポストプレーなどで抜け出し、38─34で折り返した。

 後半の第3クオーターは、奈良のゾーン守備を攻めあぐねて16得点に抑えられた一方、ゴール下から攻勢を重ねられ、54─60と逆転された。

 第4クオーターは、古野拓巳の3点シュートとピークの得点などで一時逆転。サンバが1試合自己最高の26点目を決めるなど競り合ったが、勝ち越しの懸かった最終盤のフリースローを連続で外した。

 リーグは一時中断。熊本は30日、佐賀県の唐津市文化体育館である天皇杯全日本選手権3次ラウンド1回戦でB1秋田と対戦する。次のリーグ戦は11月6日、ホームの県立総合体育館で、西地区3位の西宮と対戦する。

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube