「B1昇格へ最高のチームを」 ヴォルターズのベック新ヘッドコーチ合流

熊本日日新聞 | 2021年08月10日 11:00

チーム合流後の会見で「最高のチームをつくる」と語ったドナルド・ベック新ヘッドコーチ=益城町

 バスケットボールBリーグ2部(B2)熊本ヴォルターズで今季から指揮を執る米国出身のドナルド・ベック新ヘッドコーチ(HC)が9日、チームに合流した。会見で「B1昇格という目標に向かって最高のチームをつくる」と意気込んだ。

 練習は非公開であり、チームによると練習生2人を含む10人が参加。ベックHCが練習方針や戦術を示し、攻守の動きを確認したという。

 ベックHCは「初日だが、全選手の動きにとても満足した。2~3週間かけて自分の考えを浸透させる。選手が懸命にプレーするか、私がやろうとするバスケットをどれだけ理解してくれるかを見ていく」と語った。

 昨季53試合に出場した佐々木隆成は「ディフェンスの練習が多かった」と言い、司令塔の古野拓巳は「(HCは)本当に熱い。しっかりついていきたい」と話した。

 ベックHCは7月下旬に来日し、2週間の隔離期間を終えてチームに合流した。

 ヴォルターズのリーグ開幕戦は10月2日、兵庫県の西宮市立中央体育館で西宮と対戦する。(宮崎達也)

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note