ダム治水「全てこれから」 国交省案提示 法的手続きなど不透明さ色濃く

熊本日日新聞 | 2020年12月19日 11:13

image

 18日に熊本県庁であった球磨川流域治水協議会で、国土交通省九州地方整備局(九地整)は、特定多目的ダム法(特ダム法)に基づき計画された現行の貯留型の川辺川ダムを、流水型に転換する想定で治水効果の試算を示した。しかし、流水型ダムを建設する場所...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 570字(全文 690字)

ランキング

イベント情報