(5)アユの生息に悪影響も 新潟大・大熊孝名誉教授に聞く

熊本日日新聞 | 2020年12月24日 00:00

image

 貯留型ダムに比べ環境への負荷が小さいとされる流水型ダムだが、疑問を抱く河川工学の専門家もいる。長年、ダムによる治水の限界を訴え続けてきた大熊孝・新潟大名誉教授に聞いた。(聞き手・太路秀紀)  -流水型ダムは河川環境に「優しい」のでしょう...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1004字(全文 1124字)

ランキング

イベント情報