(3)肥薩線・細る地元の足 赤字、減便、抜け出せぬ連鎖

熊本日日新聞 | 2021年2月4日 00:00

image

 昨年7月の豪雨で自宅が損壊し、仮設住宅で暮らす八代市坂本町の山口康子さん(83)。高齢で自家用車も災害で失ったため運転免許を自主返納し、これからの移動は公共交通機関が頼りになる。  JRが国鉄だったころから肥薩線を利用。「中学の通学で使...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 995字(全文 1115字)

ランキング

イベント情報