(5)「復興請負人」と共に 地震の経験、未来に生かす

熊本日日新聞 | 2021年1月6日 00:00

image

 「平屋は、地震に遭った西原村ならではの造り。水害だと2階建てになるかもしれないですね」  青空が広がる昨年11月下旬。熊本地震の被害が大きかった西原村の災害公営住宅「山西団地」に、豪雨で被災した球磨村神瀬の住民を案内する佐々木康彦さん(...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 944字(全文 1064字)

ランキング

イベント情報