(3)12年間の治水議論 熊本県主導で合意形成できず

熊本日日新聞 | 2020年11月22日 00:00

image

 「ダムを建設しないことを選択すれば、流域住民に水害を受忍していただかざるを得ないことになる」。2008年8月25日、川辺川ダム建設への賛否表明を控えた知事蒲島郁夫に対し、当時の九州地方整備局長岡本博が強烈な一言を放った。  この一言は省...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1134字(全文 1254字)

ランキング

イベント情報