くまモンと一緒に「脱獄ごっこ」 ゲームアプリで熊本県PR

熊本日日新聞 | 2021年05月09日 08:10

くまモン仕様のキャラクターが登場する「脱獄ごっこ」の一場面(UUUM提供)

 スマートフォンやタブレット向け人気ゲームアプリ「脱獄ごっこ」で、くまモンが登場したり、熊本県内の観光地や特産品を紹介したりする熊本県の特別企画が開催されている。30日まで。

 同ゲームを開発した「UUUM(ウーム)」(東京)による地域応援プロジェクトの第1弾。売り上げの一部は、昨年7月の豪雨災害の県内被災地に寄付する。

 脱獄ごっこは参加者が市民役と鬼役に分かれ、ゲーム内のフィールドから脱出したり、相手を倒したりするゲーム。アプリのダウンロードは無料だが、アイテム購入時などに課金が必要になる。

 特別企画では、課金して自分のキャラクターをくまモン仕様に変更できるほか、フィールド上に名産のスイカが出現。背景に阿蘇や天草など県の観光ポスターも掲示される。

 県くまモングループは「新型コロナウイルスの影響でイベント開催が難しい中、オンライン上で県をPRする機会にしたい」としている。(内田裕之)

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note