バラの花しっとりと咲く 水俣市、ローズフェスタ2年ぶり開幕

熊本日日新聞 | 2021年04月29日 19:00

エコパーク水俣バラ園に咲く800種5千株の色とりどりバラ。来園者は雨にぬれた花を観賞していた=水俣市

 約800種のバラが楽しめる「水俣ローズフェスタ・春」が29日、熊本県水俣市のエコパーク水俣で始まった。雨にぬれたバラは花びらに水滴を乗せ、しっとりと色付いていた。5月23日まで。

 昨年は新型コロナウイルスの影響で中止し、2年ぶり。消毒液の設置など感染防止対策を取って開く。展望台や起伏を設けたバラ園では、赤やピンク、黄など色とりどりの5千株が満開。来園者は散策しながら写真を撮ったり、甘い香りを楽しんだりしていた。

 管理責任者の本田洋志さん(50)は「今年は花の大きさも量も一番の出来栄え。ぜひ見に来てほしい」と胸を張った。バラ苗の販売や物産市もある。

 県の感染リスクレベルが最上位の「5(厳戒警報)」となったことを受け、5月3、4日のステージイベントは中止する。(鎌倉尊信)

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note