断層、もろい地盤が影響 20年版地震予測、益城町に再び震度7級も 九州大・清水特任教授分析

熊本日日新聞 | 2021年4月3日 10:30

image

 政府の地震調査委員会が公表した「全国地震動予測地図2020年版」では、熊本県内でも熊本市の南西部や嘉島町などの熊本平野を中心に、最も確率が高い区分の「26%以上」の地域が広がっている。調査委の元委員、九州大の清水洋特任教授は「熊本地震であ...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 470字(全文 590字)

熊本地震

ランキング

イベント情報