熊本ヴォルターズ、クラブハウスを整備へ バスケ男子B2 桜十字Gが1億1千万円投入 熊本大渡鹿体育館を賃借、改修

熊本日日新聞 2024年4月2日 23:00
「VOLTERS GX」の施設名が入った渡鹿体育館のイメージ図
「VOLTERS GX」の施設名が入った渡鹿体育館のイメージ図

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)熊本ヴォルターズを運営する熊本バスケットボールは2日、熊本市中央区の熊本大渡鹿体育館を賃借してクラブハウスとして利用すると発表した。筆頭株主の桜十字グループが約1億1千万円を投じて改修し、7月からチームが優先的に利用する。

 熊本バスケットボールと桜十字グループ中核の医療法人桜十字、熊本大の3者が熊本市内で記者会見し、明らかにした。

 渡鹿体育館は1967年完成。鉄筋コンクリート2階建て延べ床面積約990平方メートル。改修でコートに空調を整備するほか、トレーニングルームやロッカールームも設ける。熊本大の学生も利用できる。

 熊本大は大学施設の命名権(ネーミングライツ)を付与する法人を募集しており、熊本バスケットボールが渡鹿体育館の命名権も取得した。施設名を「VOLTERS GX」とする。賃借と命名権の契約はいずれも1日から5年間。金額は「非公表」としている。

 チームにはこれまで練習拠点がなく、益城町総合体育館などを一般利用していた。Bリーグは2026年に始めるトップカテゴリー「Bプレミア」の参入条件に、ロッカールームなどを備えた練習場の確保を求めている。

 熊本バスケットボールの湯之上聡社長は「チーム強化に向け、非常に大きな一歩。選手を勧誘する上でも良いアピール材料になる」と話した。(宮﨑達也)

熊本大の渡鹿体育館。7月から熊本ヴォルターズがクラブハウスとして利用する=2日、熊本市中央区
熊本大の渡鹿体育館。7月から熊本ヴォルターズがクラブハウスとして利用する=2日、熊本市中央区

KUMANICHIPICK

くまにちレコメンド
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
熊本のスポーツ