熊本・菊池恵楓園で人体実験 軍事研究映像に潜む危うさ 専門家「公開には偏見助長回避を」

熊本日日新聞 | 2023年11月21日 10:00

image

 「全身の血管に針の差入した様な」痛みや頭痛を訴え、けいれんを起こし死亡したハンセン病患者。有効数はわずか2%で死者9人が記録されている「虹波」人体実験だが、今回発見された映像には、研究者にとって不都合な真実は撮影されていない。秘密の軍事研...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1188字(全文 1308字)

KUMANICHI レコメンド

ハンセン病

ランキング

お出かけ情報