被災者とつながる生活支援 地域の福祉資源と連携を 【熊本学園大教授・高林秀明氏】

熊本日日新聞 | 2020年11月20日 00:00

image

 7月の豪雨災害で、多くの被災者が仮設住宅や被災した自宅、避難所などで不自由な生活を強いられている。災害発生当初から熊本県人吉市を拠点に被災者の生活支援を続ける熊本学園大社会福祉学部教授の高林秀明氏に、被災者の現状と、社会福祉や医療、コミュ...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1068字(全文 1188字)

KUMANICHI レコメンド

ランキング

お出かけ情報