局所的な豪雨、どこでも 線状降水帯の予測向上を 【熊本地方気象台統括予報官・奥松和浩氏】

熊本日日新聞 | 2020年10月20日 00:00

image

 気候変動の影響で想定を上回る規模の豪雨災害が相次ぐ中、7月の熊本豪雨も予報の雨量を大きく上回った。熊本地方気象台の統括予報官を務める奥松和浩氏に、当時の予報や観測技術の課題、防災に活用できる気象情報などを聞いた。(聞き手・堀江利雅)  ...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1018字(全文 1138字)

KUMANICHI レコメンド

ランキング

お出かけ情報