(1)被災者の不安 ダム論議より、生活再建を 

熊本日日新聞 | 2020年11月12日 00:00

image

 「この時期になぜ、ダム論議なのか」。7月豪雨の被害が大きかった熊本県の人吉球磨地域。被災者が生活再建の道筋をつけようとする中、川辺川ダムの建設計画が突然息を吹き返した。「住民の生命、財産を守る」と声を上げる流域市町村長や県、国が進める治水...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1116字(全文 1236字)

KUMANICHI レコメンド

ランキング

お出かけ情報