(2)「荒瀬」撤去の町 土砂や悪臭、ダムの弊害体験

熊本日日新聞 | 2020年11月13日 00:00

image

 「ダムによって川は死ぬ」。10月上旬、7月の豪雨を検証するため、市民団体が熊本県八代市で開いたシンポジウム。同市坂本町坂本の本田進さん(86)は、川辺川ダムの建設反対を明言した。  球磨川沿いで営むスーパーと自宅は、完全に水没した。豪雨...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 968字(全文 1088字)

KUMANICHI レコメンド

ランキング

お出かけ情報